「種子島の魅力はどこですか?」と島内の人に尋ねると、
「浦田海水浴場」の名前を挙げる人が少なくありません。
そんな地元の人々を惹きつける海水浴場へ車で向かいました。

目的地までの距離がカウントダウンの数値にかわり、
はやる心を抑えながら、北へ北へと進みます。
西之表の市街地から走ること約20分。
入り口を示す看板が見えたとき、
車内では小さな歓声が沸き起こりました。
たちどころに浜辺へとつづく道に入り、
小高い丘の上まで登ると胸の高鳴りは急上昇。

眼下に絵画のような美しい光景が飛び込んできたのです。
青い海、白い砂浜、そして、ビーチを囲むようにそびえる緑の山。
地球の色を代表するカラフルなコントラストが
浜辺に魅力的な景観をつくりあげていました。

さっそく海に飛び込むと、今度はその透明度の高さに驚かされます。
自分の足がくっきりと見える。潜ってもバッチリ目を開けられる。
景色が綺麗なこの海は、海の中まで綺麗でした。
さらに、入り江状のビーチが静かで穏やかな波をつくり、
人々にやさしい海を届けてくれます。

ひいきにする海がひとつ増えました。
この島の旅は、好きなものが増えていく旅になるかもしれない。

浦田海水浴場
鹿児島県西之表市国上123−1

Page Top