こういう場所でキャンプがしたかった。
そう思える場所が中種子町の東海岸にありました。

熊野海水浴場に隣接する「自然レクリエーション村」。
眼前にはパノラマのように広がる海。
その向こうの沖合には巨岩が立ち並び、
絵になる景観をつくっています。
近くにはマングローブ林があり、
自然や生き物との出会いもあります。

img_story_01.jpgimg_story_02.jpg

夕方になると沖合の巨岩に西日が差し込み、
その景色はまるで自然がつくる巨大なアート作品みたいです。
ただ眺めているだけなのにとても貴重な時間に思えました。

晩御飯も格別です。
家で食べるより、レストランで食べるより、おいしく感じる。
海と緑が極上の食卓をつくってくれるのでしょうか。

そして、日が暮れると星の世界に変わっていきます。
波の音を聞きながら、気持ちのいい風にあたりながら、
のんびりと星の鑑賞をしていました。

テレビもない、ゲームもない、
現代的なエンターテインメントは何もない。
それでも、いつもより心は満たされていた。
幸せな一日は、海と星のそばにあるのだと思う。

img_story_03_SP.jpg

自然レクリエーション村

Page Top