種子島で日本一に会いました。

坂井神社の大ソテツです。
一般的なソテツは高さ3~4mのところ、
このソテツは7mを超え、日本一の高さを誇ると言われています。
樹齢は600年以上。長い間、この地で生きつづけている大ソテツです。

目にしてまず思うのは見た目の奇天烈感。
奇妙な形をしています。太い幹から生えた枝は、
くねくねと幾重にも曲線を描きながら多方に伸び、
巨大なアート作品のような造形物をつくっています。
博物館で観覧するように眺めていて飽きないソテツです。

img_story_01.jpg

しかし、じっとその場にいて、何よりも私の心にグッときたのは、
日本一の高さや、見た目のおもしろさよりも、その若々しさでした。
600歳を越えているそうですが、
葉は生い茂り、今日も元気に生きているように見えます。

600年も生きつづけ、日本でいちばん高くそびえ立つ。
私の大大大先輩であるこの方を見ていると、
なんだか力をもらえた気がします。

「私も、もっとがんばります」
神様に語りかけるように、
老木に語りかけている自分がいました。

日本一の大ソテツ

Page Top