風が吹く。波がうねる。
サーフボードに乗った男性が華麗に波を乗りこなす。
その表情は真剣ながらもどこか楽しそう。

気持ちよさそうだなあ。

ビーチのそばにあるレストランカフェのテラスで
波と人が織りなす見事なセッションを眺めていました。

サーフィンの島でとくに愛されている海岸。
それが「鉄浜海岸」という触れ込みを聞いてやってきました。

img_story_02.jpg img_story_03.jpg

ここで浮かぶのは一つの疑問。
どうして鉄浜が愛されているんだろう。
近くにいたサーファーの方にそのナゾを伺うと
「波のコンディションがいちばんいいビーチで、
 内陸(西側)の方から風が吹くといい波が立ちやすいんですよ」
と親切に教えてくれました。
島内外から人が集まって来るそうで、
私が訪れた時は外国の方も見かけました。

もし私がサーフィンをする人だったなら、
きっと、真っ先に出かける海岸なのだと思う。
朝日とともに海に入り、波に乗る。
気持ちのいい一日のはじまりだなあ、と想像。
サーフィンをやってこなかった自分をすこし後悔しました。

でも、眺めているだけでも楽しい海岸です。
腕のある人が多いのか、鮮やかな波乗りを観覧できます。
まるでプロの大会を観戦しているようでちょっと気分も高揚。
思わず「すご~い」なんて言葉も出たり。
テラスで過ごしたランチの時間が素敵な時間になりました。

img_story_01.jpg
Page Top