じゃじゃじゃーん。
これから私は種子島の地鶏を食べます。
その名もインギー地鶏。

たくさんあるメニューの中から、
親子丼と焼き鳥をいただきます。
おお、鶏肉のわりには、とても歯ごたえがある。
弾力がすごい。旨味が深く、ご飯が進みますね。
あっという間に完食。美味しいひと時、ご馳走様です。
他にも、陶板焼きや、鳥刺しなどのメニューもあって、
そちらの料理も食べてみたくなりました。

img_story_01.jpg

インギー地鶏は、もともと島の鶏ではなかったそうです。
今から約120年前、種子島沖で座礁した英国船を助けたお礼に
譲り受けたことから、この島での飼育が始まったとのこと。
だから名前はインギーさん(イギリス人)にもらった鶏でインギー鶏。
いまでは、鹿児島県の天然記念物にも指定されています。
インギー地鶏は、そのインギー鶏と別の種を交配させた地鶏です。

店員さんの情報によると、
地元では昔からご馳走として食べられていたそうです。
たしかに、贅沢な味がします。種子島のインギー地鶏。
ここでしか口にできない、美味しい体験です。

4be81a475fba0e3b56f7377cfeff6bf134cfbd55.jpg
Page Top