西之表の北東近辺を車で走っていると、
とつぜん異国の地へと迷い込んだような光景が現れました。
大きな葉の植物が両脇にこんもり茂っています。

どうやら「ヘゴ自生群落」という場所らしい。
7万~8万㎡という広大な面積にヘゴが群生し、
大植物園のような一帯を築いているとのこと。
あたりに民家の気配はなく、まるでヘゴの村みたいなところです。

南国のジャングルをジープで通り抜けるような面持ちで、
ヘゴの道をゆっくり通り抜けます。

天高くそびえ、襲いかかってくるようなヘゴもあれば、
まだ生まれて間もないような可愛らしいヘゴもある。

すごいすごいすごい。

img_story_01.jpg img_story_02.jpg

その巨大さや荒々しさから、太古の植物を見ているかのよう。
私、どうやらタイムスリップしたみたいです。

車から降りて歩いてみると感じるのは空気の新鮮さ。
背伸びしながら息を吸う。
体の中にキレイな空気が入っていく(気がする)。

恐竜なんて出てこないよね、とちょっとびくびくしながら、
でもそれ以上にヘゴとの出会いとおいしい空気を
楽しみながら散策していました。

思いがけない出会いは、旅の醍醐味でもあります。

img_story_03-2.jpg

ヘゴ自生群落

Page Top