「種子島は日本でも有数のウミガメの産卵地」
その情報を知ってからというもの、私の遭遇欲が静まりません。
産卵という、どこか神秘的な行いをいちどこの目で見てみたい。
島に着いた夜、さっそく海岸に向かっている私がいました。

暗闇の中、ライトをかざして、くまなく探索してみます。
しかし、探しても探しても、一向に出会えません。
動くものがいるぞ、と思えばその正体はカニ。
産卵を示す竹竿の近くを探してもやはりいません。
結局あきらめて帰りました。

「ウミガメは臆病な生き物だから、
 人の気配を感じるとすぐに引き返すんだよ」
住民の方に話を聞いたら、そう教えてくれました。

「だからと言ってムキになって探しちゃいけないよ。
 ウミガメだって危険の中、産もうとしているんだからね。
 そっとしておいてあげるのがいいんだよ。
 もし出会っても邪魔をしないで静かに見守る。それが大事だよ」

私は、なんと愚かなことをしていたんだろう。
この島は動物園でもなければ水族館でもない。
人間の好奇心でむやみに会いに行ってはいけないのだ。

ウミガメには会いたいけど、
夢中になって会いにいくのはやめよう。そう心に決めました。

5367c0eda66d1dd454fbae84cb99f0d0dbbede98.jpg
Page Top