頬を撫でる風の強さで高いところに来たことがわかります。
ここ天女ヶ倉は種子島でいちばん標高の高い場所だそうです。

素晴らしい景色に出会えるかもしれない。
淡い期待を胸に景観ポイントへ向かいました。

やや急な階段をとその先にある坂道を登ります。
ハァ、ハァ。息が少しずつ切れていく。
でも、絶景を見るためには汗が必要なんだ。
そう自分に言い聞かせながら歩いていると、
円形の展望台が見えてきました。

img_story_01.jpg img_story_02.jpg

さあ着いた、とあたりを見渡すと、これはいい眺め。
海と緑と空が一緒になって目の前に広がっています。
見晴らしがよく、気持ちのいい景色です。

ちょっとテンションが上がったまま、
もう一つの景観ポイントである天女ヶ倉公園に向かいます。

こちらもすごい。

なだらかな緑の田園が次から次へと連なり、
その先には青い海が地平線まで伸びてゆく。
パノラマのように広がるのどかな風景。
一瞬、極東の離島から西洋のどこかの田園地帯に
飛んできてしまったのではないかと錯覚しそうになりました。

気分がパッと晴れやかになる。
自然と口角も上がっているのがわかります。
いい景色は、笑顔をくれます。顔にも、心にも。

img_story_03_SP.jpg
Page Top