旅YOGA

ヨガは旅と相性がとてもいい。わたしにとって旅にヨガは必需品です。快適な旅行を続けるためにヨガを携帯します。なぜならヨガは旅の目的をフックアップしてくれるからです。肉体という乗り物を様々な体操(アーサナ)で快適にし、脳を活性化させ五感を高め、自分を整えるために呼吸に集中(瞑想)します。
旅のプランも決まり「さあ出かけよう!」。電車にバスに、飛行機、船と移動って結構体に負担がかかり、疲労しやすいですね。ここでおすすめなポーズが背骨をまっすぐに腰から首をよ~く伸ばし血液の循環が悪くならないようにケアしてあげてください。

種子島ヨガの聖地
種子島ヨガの聖地
種子島ヨガの聖地

また体側をのばすのも効果的。身体も脳もパフフォーマンスを上げて最高な旅を続けてください。ここで最も大切なのは姿勢を正すことです。仙骨を起こして座骨で座るようにしましょう。正しい姿勢から体をほぐすことでより効果が高まします。ゆがんだポーズから柔軟を入れるとゆがみが深まってしまう可能性も。
乗り物に乗る時間が長いときは、30分に1回は背伸びをしたり、肩甲骨周りに刺激の入るようなポーズ(アーサナ)をすれば、肩首の疲労がとれ視界もはっきり!

胡坐・結跏趺坐(シッダアーサナ)などで股関節を広げ、骨盤を広げ下半身への循環もよくしましょう。座りっぱなしは足がむくむ原因になるので、ちょくちょく立って背伸びするのがポイントです。
旅は日常から離れた場所で自己を見つめたり解放したりするための儀式?修行?ですよね。自分のバランスをとるために、目的地を設定して自己実現に向けて行動する。
そこで大切な肉体という乗り物をヨガでメンテナンス!

※種子島は2020年の聖地に一般社団法人全日本ヨガ連盟に認定されました。
ヨガの聖地=自己実現を可能にする島。ということは、肉体も精神もご自身のお望み通りのイメージに近づけることが出来る場所。そんなヨガの聖地に来てください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

  1. 種子島観光協会

    ひだか旅館

  2. 長谷公園

    ロケット打ち上げ見学場

  3. 民宿 ひばり

  4. ㈱Island Jam

  5. 種子島ヨガ

    種子島でみつけたヨガ食15選

  6. 広田遺跡墓地

    広田遺跡ミュージアム